/

この記事は会員限定です

三菱UFJ、中国拠点倍増へ 粗利益1000億円に

[有料会員限定]

【北京=品田卓】三菱UFJフィナンシャル・グループの永易克典社長は日本経済新聞記者に対し、中国事業の中長期戦略を明らかにした。認可済みも含め16ある現地法人の拠点数を2倍以上の37へと増やすとともに、企業向け取引の拡大をテコに業務粗利益は5年以内に300億円程度(2010年度)から1000億円へ伸ばす計画だ。中国大陸で「外資系銀行トップ」をめざす。

中国現法「三菱東京UFJ銀行(中国)」はこのほど14番目の拠点となる青島支店を開業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン