/

この記事は会員限定です

新疆ウイグル自治区、漢民族が要職占める

[有料会員限定]

中国共産党軍が進駐し、1955年に発足した新疆ウイグル自治区。中国全土の6分の1の面積を占め、2200万人超いる人口の約半分がトルコ系遊牧民族のウイグル族だ。漢民族は全体の4割にとどまるが、党・政府の要職を占める。自治区で相次ぐ暴力・テロ事件の根底にあるのは、こうした漢民族を頂点とする支配体制への反発だ。

例えば5月中旬に自治区が決定した民族衣装の「標準化」方針。ウイグル族などが着る民族衣装が「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン