米モジラが2500円スマホ OSにファイヤーフォックス
新興国向け、中国から半導体

2014/2/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バルセロナ=兼松雄一郎】米国の非営利組織、モジラ財団は23日、自らの基本ソフト(OS)「ファイヤーフォックス」を搭載した25ドル(約2500円)の激安スマートフォン(スマホ)が登場するとの見通しを明らかにした。低価格部品を使っても動作を確保できる中国メーカー製の半導体と組み合わせる。価格水準は現在の標準的な低価格機種の約4分の1で、スマホの値下がりに拍車がかかりそうだ。

激安スマホ向けの半導体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]