/

ロシア外相「日本と協力拡大」

【モスクワ=石川陽平】ロシアのラブロフ外相は23日、モスクワ市内で開いた年頭記者会見で、日本との平和条約締結へ「(北方領土問題も含め)あらゆる問題の解決への道筋を探る用意がある」と述べた。年内に予定する安倍晋三首相の訪ロに関し、平和条約を締結するためにも経済や文化、国際政治など様々な分野で日ロ協力を広げるべきだとの考えを示した。

ロシアが自国領だと主張し実効支配を続ける北方領土の問題に関しては「この状況は第2次世界大戦の結果、成立した」と主張。領土問題の解決へ日ロが前進するには「この法的な現実を認めなければならない」と述べ、北方四島の全島返還を求める日本をけん制した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン