2019年2月19日(火)

中国、空母「遼寧」で艦載機の着艦訓練成功

2012/11/24付
保存
共有
印刷
その他

【北京=島田学】中国海軍は23日、中国初の空母「遼寧」の甲板上で艦載機「殲15」の着艦訓練を実施し、初めて成功させた。中国メディアが同日伝えた。運用能力を高めるため、今後も「遼寧」を使った訓練を続ける。これまでは艦載機を空母の甲板に接触させてすぐに飛び立つ「タッチ・アンド・ゴー」の訓練を実施していた。

旧ソ連から購入し、大連港での改修が続いていた「遼寧」は9月に海軍に引き渡されて就役。現在は渤海海域で就役後2回目の航海訓練を実施しているが、甲板の滑走路が短く艦載機の発着の難しさが指摘されていた。発艦の実施にはなお時間がかかるとの見方が強く、艦載機を降ろす場合は車輪走行の方式をとるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報