沖縄知事、暴行事件で米に抗議 「基地に影響」

2012/10/23付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】沖縄県の仲井真弘多知事は22日午後(日本時間23日未明)、米国務省で、キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)らと会談、沖縄県警が米兵2人を集団強姦致傷容疑で逮捕した事件について「極めて遺憾だ」と抗議し、再発防止を求めた。キャンベル氏は「米政府を代表して悲しみと残念な気持ち、深い懸念をお伝えする」と謝罪した。

沖縄県の仲井真弘多知事は米兵の暴行事件で米政府に抗議した(22日)=テレビ東京

沖縄県の仲井真弘多知事は米兵の暴行事件で米政府に抗議した(22日)=テレビ東京

仲井真知事は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備された新型輸送機MV22オスプレイの全国への再配置や、普天間飛行場の県外移設も要求。会談終了後、記者団に「沖縄の人は怒っていて、(事件は)基地の存在にかなりの影響を持つと(米側に)申し上げた」と述べた。

会談は非公開で、リッパート国防次官補(アジア・太平洋安全保障問題担当)も同席。リッパート氏は、既に日本に滞在する全米兵に出した夜間外出禁止令に加え、その家族にも何らかの規制を課す方針を表明した。

県幹部によると、キャンベル氏が冒頭で「県民の怒りと懸念を真剣に受け止めている。二度と起こらないためにしかるべき措置を取りたい」と表明。仲井真知事は「県民は米兵に石を投げたりしたことはないのに、一方的にやられている。こうした事件は非常に問題があり、県民の心は離れる」と強い不快感を示した。

キャンベル氏は、仲井真知事が求める日米地位協定の抜本改定には明言を避けたが、今週中に訪日する意向を示し「綱紀粛正策は日本側としっかりと話し合う」とした。

仲井真知事は、23日にワシントンで開かれる県主催の、基地問題に関するシンポジウムにパネリストとして出席するため21日から訪米している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]