/

財政危機のアイルランド、連立政権が崩壊

総選挙前倒しも

【ロンドン=岐部秀光】財政危機に陥り国際通貨基金(IMF)などの支援をあおぐ事態となったアイルランドの少数与党、緑の党は23日、カウエン首相率いる共和党との連立政権から離脱すると発表した。緑の党を含む野党陣営は近く内閣不信任決議案を提出する見込みだ。

連立崩壊で与党は過半数を握れなくなり、不信任案が可決される公算も大きい。首相は総選挙投票日を3月11日としたが、前倒しする可能性が出てきた。緑の党のゴームリー党首は同日「忍耐は限界に来た」と、共和党党首辞任発表後も留任する首相を批判した。

次期総選挙では共和党敗北→政権交代のシナリオが濃厚とみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン