/

南米航空大手2社が経営統合

【リオデジャネイロ=宮本英威】チリ航空最大手LAN航空とブラジル最大手のTAM航空は22日、経営統合して新グループ「LATAM」を発足したと発表した。新グループの合計売上高は2011年で135億ドル(約1兆800億円)、旅客数は年間6030万人となり、南米で最大の航空会社となる。

5月半ばから始めていた株式交換の手続きを終えた。統合後も両社のブランドは残る。統合計画は10年8月に発表していたが、両国の当局から認可を受けるのに時間がかかっていた。

当局は両社で分かれている航空連合のいずれかからの脱退を求めている。LANがワンワールド、TAMがスターアライアンスだが、新グループは「今後2年程度で所属する連合を決める」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン