/

ポルトガル大統領選、現職再選の見通し

【パリ=古谷茂久】任期満了に伴うポルトガル大統領選挙が23日、投開票された。同日深夜(日本時間24日午前)には大勢が判明する。世論調査によると、最大野党の社会民主党など中道右派政党の支持を得た現職のカバコシルバ大統領(71)が過半数を得て再選される見通し。

与党の社会党はアレグレ元議会副議長(74)を推すが、左派陣営の候補者を一本化できず劣勢に立たされている。ポルトガルの大統領は象徴的な存在で、財政赤字削減策や金融支援問題などは主要争点になっていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン