米インテル、日系含む16社に6500万ドル投資 ベンチャー支援

2013/10/23付
共有
保存
印刷
その他

 【シリコンバレー=奥平和行】半導体世界最大手の米インテルは22日、日本を含む世界のベンチャー企業16社に総額6500万ドル(約64億円)を投資したと発表した。傘下の投資会社を通じて資金を提供し、クラウドコンピューティングやビッグデータといった成長分野でベンチャーの事業強化を支援する。半導体の需要喚起など本業の拡大につなげる狙いだ。

 インテル傘下のインテルキャピタルが、ウェイズジャパン(東京・新宿)や日本人が共同創業者を務める米クラウディアンホールディングス(カリフォルニア州)などに出資した。ウェイズは企業向けのデータ保管サービスを手掛けており、インテルの支援を受けて海外事業を強化。クラウド関連ソフトのクラウディアンもインテルの後ろ盾を得て事業を拡大する。

 インテルキャピタルのアーヴィン・ソダーニ代表は22日の記者会見で、「データセンターやクラウドなど急成長している分野で投資を強化している」と説明した。またインテルが「ウエアラブルデバイス」などと呼ばれる体に装着するデジタル機器への搭載を視野に、新たな半導体を開発していることを受け、関連分野への投資を増やす方針も示した。

 インテルキャピタルはインテルの投資部門として1991年に活動を始め、約1300社に110億ドル強を投資してきた。2012年は150社に3億5200万ドルを投じた。近年は米国内に加えて国外での活動も強化しており、22日は日系のほか、中国やシンガポール、フランスなどの企業への投資も発表した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報