2019年8月26日(月)

エボラ出血熱で59人死亡 ギニア

2014/3/23付
保存
共有
印刷
その他

【ナイロビ=共同】西アフリカ・ギニア政府は22日、国内でエボラ出血熱の発生が確認されたと発表した。エボラ出血熱に感染したとみられるケースが2月9日以降、南東部や首都コナクリで80件あり、これまでの死者は59人に上っているという。ロイター通信などが伝えた。

隣国シエラレオネの医療当局者は、同国東部で死亡した14歳の少年について調査していると明らかにした。少年はギニアに行き、エボラ出血熱によるとみられる死亡者の葬儀に参列したという。

ギニアでエボラ出血熱が確認されたのは初めてという。エボラ出血熱は高熱に加え皮膚などからの出血を伴う感染症で、治療法やワクチンはなく致死率が極めて高い。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。