2019年2月18日(月)

中国の高速鉄道新路線、26日に開通 事故後初

2011/12/23付
保存
共有
印刷
その他

【スワトー(広東省)=桑原健】中国広東省広州―深セン間の高速鉄道の開通準備を進めてきた運営会社、広深港客運専線(広東省)は26日の開通を決めた。7月に浙江省温州市で高速鉄道の衝突・脱線事故が発生して以来、最初の新路線開通となる。政府が9月にもまとめる予定だった事故の調査報告書は23日時点で発表されておらず、安全軽視との批判が上がりそうだ。

新路線はこれまで1時間程度かかっていた両市間を最速35分で結ぶ。当初は8月の開通に向けて準備が進んでいたが、事故の影響で遅れていた。年明けには春節(旧正月)で出稼ぎ労働者らが帰郷するため、新線の開通による輸送力確保を急いだもようだ。新線は2015年にも香港まで延伸される予定。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報