中国、トルコ国債購入へ 2400億円規模

2012/2/23付
保存
共有
印刷
その他

トルコのババジャン副首相は22日、中国がトルコ国債を購入するための手続きを進めていることを明らかにした。チャーラヤン経済相によると購入額は約30億ドル(約2400億円)規模の見込み。トルコ訪問中の中国の習近平国家副主席が出席したトルコ・中国経済・貿易協力フォーラムで述べた。

フォーラムで習氏は「トルコとの協力関係をさらに深めたい」と述べ、運輸、通信、再生可能エネルギー、金融などの分野を挙げた。100人を超える投資・貿易使節団が同行していることを強調し、「中国政府は中国企業の対トルコ投資を支援する」と話した。

ババジャン氏は両国の金融機関の相互進出に期待感を示した。トルコ銀行調整監視機構(BDDK)と中国金融当局の協議が近く始まるという。

2002年に約10億ドルだったトルコと中国の2国間貿易は、11年に240億ドルに拡大。チャーラヤン経済相は15年に500億ドル、20年に1000億ドルを目標とすると強調した。イスタンブールの運河建設構想や、第3ボスポラス大橋の建設計画など大規模インフラ案件への中国企業の参画に期待を示した。

チャーラヤン氏によると22日だけで13億8千万ドルの契約が両国間で調印された。このうち約3億ドルは中国企業による火力、水力発電所の建設。約5億7千万ドルは通信大手トルコ・テレコムへの中国側の融資、約5億ドルはトルコ企業の中国への輸出という。

(イスタンブール=シナン・タウシャン)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]