スーダンも原発計画、20年の稼働目指す

2010/8/23付
保存
共有
印刷
その他

ロイター通信が伝えた国営スーダン通信の報道によると、スーダン政府当局者は22日、国内の電力不足に対応するため原子力発電所建設を計画していると述べた。

当局者によると、スーダン政府は今年初めから原発開発計画に着手、2020年の稼働開始を目指す。今週にも国際原子力機関(IAEA)の代表団が同国を訪問するという。

スーダンは米国から「テロ支援国家」に指定され、経済制裁を受けている。核開発をめぐって欧米との対立が続くイランとも良好な関係を維持しており、計画が具体化すれば欧米との緊張の種となりそうだ。(カイロ=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]