/

この記事は会員限定です

インド製薬大手シプラ、日本市場に参入へ

[有料会員限定]

【ムンバイ=黒沼勇史】インド製薬大手シプラが日本市場に参入する方針を固めた。日本の準大手製薬会社に出資し、インド工場で生産するぜんそく薬や抗がん剤などの後発薬を投入する。製品によっては価格を既存品の半額以下に抑える方向。世界の後発薬大手は、後発薬の普及が遅れる日本への攻勢を強化。米国で1割のシェアを握るインド勢の参入事例も増えていきそうだ。

シプラの国際事業責任者チャンドゥル・チャウラ氏が取材に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン