2019年2月17日(日)

ロシア、反政府野党の登録認めず

2011/6/22付
保存
共有
印刷
その他

ロシア政府は22日、反政府系の民主派4団体が結成した「人民自由党」の政党登録を認めないと発表した。同党は今年末の議会選挙、来年の大統領選への候補者擁立の道を閉ざされた。メドべージェフ大統領は選挙戦での競争の重要性を訴えているが、反政府勢力の排除はロシアの民主化への懸念を招く可能性がある。

ロシア法務省は声明で、人民自由党は政党登録に必要な支持者の署名集めで不正があったと指摘した。登録に必要な4万5千人のうち、死亡している有権者や不法滞在者が見つかったという。

同党のリーダーの一人であるカシヤノフ元首相は「政権は我々の選挙戦への参加を脅威と判断し、プーチン首相が登録拒否を決定したのは明らかだ」と述べた。「選挙戦は自由な選挙と見なせない」とロシア政府を批判した。

ロシアの政権与党、統一ロシアは支持率が低下基調で、政府は危機感を強めている。プーチン首相は政治や経済など各種団体を結集する全国的な支持組織を設立したほか、競合政党への圧力も強めている。

人民自由党は「ロシア国民民主連合」を率いるカシヤノフ氏、統一民主運動「連帯」のネムツォフ元第1副首相、ロシア共和党のルイシコフ党首、「ロシアの民主的選択」のミーロフ代表の4人が昨年に結成した。現政権の政治手法を強権的として批判し、急進的な民主化を求めている。(モスクワ支局)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報