/

中国、安倍氏のけん制発言に「強烈な不満」

中国外務省の洪磊副報道局長は22日の記者会見で、安倍晋三首相が米紙ワシントン・ポストのインタビューで中国の積極的な海洋進出をけん制したことについて「事実をねじ曲げ、対立をあおる発言であり、強烈な不満を示す」と反発した。安倍首相が「中国は経済成長なしには一党支配で国民をコントロールしていけない」などと指摘したことにも「政治的偏見と下心ある指摘だ」と反論した。

中国メディアは安倍氏が「日本や周辺国と衝突することが中国の根強いニーズだ」と発言したと伝えている。菅義偉官房長官は22日の記者会見で「首相の実際の発言を正確に引用していない」と指摘したが、洪副局長は米紙掲載記事を読んだ上での反論だとした。(中国総局)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン