/

駐フィリピン大使「尖閣は日本固有の領土」 中国メディア反発

卜部敏直駐フィリピン大使は22日、マニラ首都圏で講演し、沖縄県の尖閣諸島を巡って日中関係が悪化したことについて「尖閣諸島は歴史的に日本固有の領土だ」と政府の立場を説明した。「中国は経済的に重要なパートナーであり、平和的解決を望んでいる」とも語った。

尖閣諸島の国有化後に中国でデモが激化したことについて、卜部大使は「とても残念なことだ」と述べた。一連の発言に対し、複数の中国メディアが一斉に反論。中国への侵略などの歴史認識について大使に問う場面があった。

大使は「我々は歴史を忘れてはならない。(戦後の平和国家としての姿も)忘れないでほしい」と説明した。

フィリピンと中国は南シナ海の領有権を巡って対立しており、多数の中国メディアがフィリピンに駐在している。(マニラ支局)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン