2019年7月17日(水)

中国人の海外旅行、2020年に2倍の2億人に

2014/1/22付
保存
共有
印刷
その他

香港の証券会社CLSAは20日、中国大陸から海外に出かける旅行者数が2020年に現在の2倍の2億人に達するとの予測を発表した。国連世界観光機関(UNWTO)が以前予想した人数の倍。休日の増加や、中国人への査証(ビザ)発給緩和、大気汚染を避けて空気がきれいな外国に向かう人が増えることなどが増加の理由としている。12年には世界の高級ブランド品購入の31%は中国人によるものだったが、20年には50%に伸びるとも予測した。

国民1人当たり国内総生産(GDP)が8000ドル(約83万2千円)を超えると、海外渡航が急増するとされる。12年段階で8000ドルを超えた省・直轄市は北京、上海など10あったが、20年には27に増えるとも試算した。旅行者数の増加で最も恩恵を得る産業は航空、カジノ、医療ツーリズム、不動産などという。(大連=森安健)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。