/

ウクライナ、反政権デモが首都掌握 分裂の危機

【モスクワ=石川陽平】反政権デモと警官隊の衝突で多数の死者が出たウクライナで、国家分裂の危機が深刻になってきた。反政権の野党勢力が首都キエフで権力基盤を急速に固めており、同日釈放されたティモシェンコ元首相は次期大統領選に出馬する意向を表明した。一方、最高会議(国会)から解任決議を突きつけられたヤヌコビッチ大統領は支持基盤の東部に脱出して対抗する構え。ウクライナは「二重権力」になりつつあり、東西分裂が深まれば「内戦」につながる恐れもある。

首都キエフ中心部では22日、武装した過激派グループが主要な政府施設を占拠する動きが加速している。大統領官邸や政府ビル、議会に加え、内務省など主要な省庁も支配下に置いた。同日の国会では反政権の野党第1党「連合野党・祖国」議員を内相に任命。大統領に代わって新内閣の人事を決め、政府の実権も握る考えだ。

連合野党・祖国のパルビー国会議員は22日、地元メディアに「キエフは22日、独立派(反政権デモ)の支配下にあり、かつてないほど秩序が保たれていると示すことが重要だ」と表明した。警察に代わり反政権デモの「自衛団」が警備にあたっている。

一方、イリイン参謀総長は22日、「国内紛争に引き込まれることはありえない」との声明を発表し、軍は中立を守ると述べた。

ウクライナ、野党側が首都掌握。元首相釈放(22日)

ウクライナ、野党側が首都掌握。元首相釈放(22日)

政治危機が長期化するウクライナでは21日、野党勢力とヤヌコビッチ大統領が2015年3月に予定された大統領選を14年12月までに前倒しして実施することや憲法改正など危機の解決策で合意。だが、野党勢力は22日、即時辞任の方針を鮮明にしており、前日の合意は事実上、白紙に戻った形だ。

国会は22日、反政権デモを率いる野党勢力が優位を確立した。大統領側近のルイバク国会議長が辞表を提出し、新たに連合野党・祖国幹部のアレクサンドル・トゥルチノフ氏を議長に選出した。与党「地域党」の議員の多くは22日の国会審議を欠席し、離党者も続出している。

国会はまた、21日に採択した各法案に大統領が署名しないため発効しないとして、政府や議会に大きな権限がある04年採択の憲法に戻るとした決議を採択した。大統領の署名なしで法案が効力を持つとしている。分離独立の試みを禁じた決議を採択し、独立状態に向かう親ロの東・南部をけん制した。

国会は22日、大統領の解任と15年3月に予定した大統領選を前倒しして5月25日に実施する決議を採択した。ただ、決議の合法性には疑問が残り、大統領選では現政権の支持基盤である東・南部が投票をボイコットする可能性がある。

大統領選が実施された場合、ヤヌコビッチ大統領と新たに選出される大統領の二人が並立。国内は東西地域が完全に分裂した形となり、「二重権力」の状態になる。

タス通信は同日、連合野党・祖国党首ティモシェンコ元首相が次期大統領選に出馬する意向を表明したと報じた。すでに出馬表明している野党第2党ウダルのクリチコ党首らの立候補が取りざたされる。今回の反政権デモで重要な役割を果たした民族主義政党「自由党」からも候補者が出る可能性がある。

ヤヌコビッチ政権を支えてきたロシアは野党勢力を批判しながらも、事態収拾への動きを見守る構えだ。すでに首都中枢を親欧派の野党勢力が掌握している状況では介入が難しい。もともとヤヌコビッチ大統領とプーチン・ロシア大統領の個人的関係は悪く、他にロシアの利益をある程度守れる政治家を探しているとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン