/

ウクライナ・ティモシェンコ元首相釈放

(更新)

【モスクワ=石川陽平】インタファクス通信によると、ウクライナのヤヌコビッチ大統領の政敵で、職権乱用罪で服役中のティモシェンコ元首相が22日、療養中の東部ハリコフの病院から釈放された。元首相の投獄には「政治的な動機がある」として、欧米諸国がヤヌコビッチ政権を批判していた。

元首相の釈放問題については、反政権デモの高まりで野党勢力が優位に立った国会が21日夜、釈放に道を開く刑法改正案を可決した。だが、大統領は同法案に署名しないため、国会が改めて22日、元首相を釈放する決議を採択。合法的に釈放できるようにしたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン