/

ウルムチで爆発、搬送者多数の情報 市中心部

【北京=阿部哲也】中国・新疆ウイグル自治区のウルムチ市内で22日午前8時(日本時間同9時)ごろ、爆発事件があった。国営新華社が伝えた。市中心部の人民公園付近で起こったもようで、目撃者の話によると、自動車が周辺に突っ込み、爆発炎上したという。死傷者数は不明だが、公園近くの朝市に来ていた多数の市民が病院に担ぎ込まれたとの情報も出ている。

22日、中国の短文投稿サイト「微博」に掲載された、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで起きた爆発現場とされる写真=共同

中国のミニブログには、市民らが投稿した現場付近とみられる写真が多数掲載されている。周辺一帯が炎を上げて燃えさかる様子や、大きな黒煙が立ち上がっている状況が分かる。すでに警察車両や消防車が多数出動し、警戒や救助活動に乗り出しているもようだ。

同自治区では、漢民族とウイグル族の間で民族対立が激化している。4月30日にはウルムチ駅前で、約80人が死傷する爆発殺傷事件があったばかり。警察当局はウイグル族の犯行と断定し、取り締まりや警戒を強めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン