/

ブラジル、大統領訪日に意欲 外相会談で

【リオデジャネイロ=共同】玄葉光一郎外相は21日、国連持続可能な開発会議(リオ+20)のため訪問中のブラジル・リオデジャネイロでパトリオタ外相と会談した。パトリオタ氏は日本が求めているルセフ大統領の訪日について「今年か来年前半に実現したい」と述べた。

玄葉外相は、東京電力福島第1原発事故後のブラジルによる日本産食品輸入規制の撤廃を要請。パトリオタ氏は「科学的根拠に基づく見直しを進めている」と述べ、結果次第で緩和を検討する方針を表明した。具体的な緩和時期は示さなかった。

ルセフ氏は昨年1月の就任以降、中国は訪問したが訪日経験はなく、日本の首相との公式会談も実現していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン