福島原発の放射性物質汚染「数十年継続も」 仏原子力安全局

2011/3/22付
保存
共有
印刷
その他

【パリ=古谷茂久】フランス原子力安全局のラコスト局長は21日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴う放射性物質の汚染について「すでに深刻な状況だ。放出された放射性物質の管理は、今後数十年は続くことを覚悟しなければならない」と語り、汚染が長期にわたり続く可能性があるとの見方を示した。

また汚染の広がりについて「日本政府は汚染地域の地図をつくっていないか、あるいは公表していないが、20キロを超えることも根拠がないとはいえない」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]