/

北京でも大雨、3万人が避難 観測開始以来最大

【北京=森安健】中国の北京で21日から22日未明にかけて大雨が降り、北京市政府によると37人が死亡し3万人以上が避難した。南部の房山区では降り始めからの降雨量が460ミリに達し、市平均でも170ミリとなり、観測が始まった1951年以来最大を記録した。

気象当局は青、黄色、オレンジ、赤の4段階で示す警戒水準のうち2005年以来初めて上から2番目のオレンジを発動した。21日は北京首都空港で500近い航空便が欠航。停電で電車も運休し、首都の交通アクセスは一時マヒした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン