/

中ロ海軍の合同演習、黄海で始まる

中国とロシアの海軍が大規模な合同演習を開始(22日、中国)

中国とロシアの海軍が大規模な合同演習を開始(22日、中国)

【北京=島田学】中国、ロシア両海軍の合同軍事演習が22日、中国山東省青島沖の黄海で始まった。期間は27日まで。中国側からは中国版イージス艦の異名を持つ高性能レーダーを搭載したミサイル駆逐艦を含む艦艇16隻と潜水艦2隻、ロシア側からミサイル巡洋艦など7隻が参加した。中国の国営新華社によると、中ロの合同軍事演習としては過去最大規模だ。

演習内容は防空、海上補給、対潜水艦の合同作戦など。中ロ双方から特殊部隊も参加し、対テロ合同作戦も実施する。

中ロは、北朝鮮との関係など極東のパワーバランスを巡ってけん制しあっている。ただ、今回はアジア太平洋回帰を掲げる米国をけん制したい中国と、極東で存在感を高めたいロシアとの利害が一致した格好だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません