タイ政府、洪水保険を3月中にも販売

2012/3/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大洪水が再発する恐れで企業が損害保険に入れない事態を防ぐため、タイ政府が準備を進めてきた公的保険制度の詳細設計が固まった。3月中にも国内の損保66社と覚書を交わし、民間保険会社を通じて販売を始める。

新制度はタイ政府が500億バーツ(約1350億円)を拠出する基金が中核だ。300億バーツを被害発生時の一義的な保険金支払い原資、200億バーツを毎年の再保険購入料に充てる。企業から受け取る保険料を年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]