平壌宣言10年 正恩体制と日朝協議の行方 田中均氏と尹徳敏氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2012/8/26 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 日本と北朝鮮の懸案解決と国交正常化への道筋を示した2002年9月17日の日朝平壌宣言から10年。29日には4年ぶりの政府間協議を開く。指導者が代わった北朝鮮とどう向き合うべきか。当時、外務省幹部として交渉にあたった田中均氏と、韓国国立外交院の尹徳敏教授に聞いた。

■「国民感情の呪縛解くとき」 田中均・日本総合研究所国際戦略研究所理事長

――北朝鮮は宣言の後も軍事挑発を続け、拉致問題も進展がありませ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

北朝鮮をめぐる動きを深読み

電子版トップ



[PR]