/

この記事は会員限定です

中国版LTE、年内始動 基地局などに8兆円投資

[有料会員限定]

【北京=阿部哲也】中国が、高速通信の可能な第4世代(4G)携帯電話の商用サービスを年内に始める。中国移動通信集団など携帯大手3社は2014年にかけて、中国全土に50万カ所以上の通信基地局を新設。今後4~5年間の投資額は8兆円規模に上る見通し。日本企業のビジネスチャンスも広がりそうだ。今後は中国主導の規格と日米企業などの規格による「世界標準」の座を巡る競争が本格化する。

新しい規格は中国主導で開発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン