/

この記事は会員限定です

米で遺伝子組み換え種子普及 干ばつで耐用品種広がる

[有料会員限定]

米国で遺伝子組み換え(GM)作物の普及が進んでいる。トウモロコシや大豆では、害虫や除草剤などへの耐性を持つGM種子のシェアが増大。昨年の干ばつを機に乾燥に強い次世代製品の拡大にも弾みがついた。農家にとっていまやなくてはならない存在だが、消費者の間では安全性を不安視する声もある。

米中西部ネブラスカ州のトウモロコシ農家ディーン・ワインマンさん(42)は昨年、米GM種子大手モンサントが開発した乾燥耐性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り814文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン