2018年11月16日(金)

フィリピン証取、爆弾騒ぎで取引一時中止

2010/10/21付
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠西俊洋】マニラ首都圏マカティ市のフィリピン証券取引所で21日午前、爆弾騒ぎがあり、同取引所は取引を一時中止した。取引終了時間となる午後0時10分(日本時間同1時10分)ごろ安全が確認され、同取引所は午後1時から同2時まで臨時の取引を実施した。足元経済の堅調ぶりを受け、指標の同取引所総合指数(PSEi)は終値で4249.17と史上最高値を更新した。

同取引所には午前10時ごろ、「取引所に爆弾がある」との電話があり、2時間近く取引が中断した。同取引所のある建物で働く会社員らも退避、警察は警察犬なども投入して捜査したが、爆弾は見つからなかった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報