/

中国で偽造品5万5000件摘発

中国公安省は21日、2013年に合計5万5180件のコピー商品・偽造品を摘発したと発表した。12年の実績は明らかにしていない。金額ベースでは1729億元(約3兆円)、合計5万9222人を逮捕した。

ニセ薬品や食品偽装などの事例が多く、水道水を「注射液」と装って販売したり、料理店で使った油を「食用油」として再販売したりする悪質なケースもあったという。病死した豚を「羊肉」と称して販売する例もあった。(中国総局)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン