2019年5月22日(水)

米、最低賃金引き上げへ 中間選挙にらみ大統領表明へ

2014/1/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中山真】オバマ米大統領は28日の一般教書演説で、2期目の経済政策の柱の一つとして、連邦法が定める国内最低賃金の引き上げを表明する方針を固めた。現行の1時間7ドル25セント(約750円)を約4割増の10ドル10セントに引き上げる案が有力だ。経済格差の是正と、低所得層の収入増による消費拡大や経済成長を前面に掲げ、今秋の中間選挙に向け"オバマ離れ"が指摘されるリベラル層を固め直す狙いがあ…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報