/

この記事は会員限定です

原発事故「レベル8」新設も IAEA、尺度見直しへ協議

[有料会員限定]

【ウィーン=藤田剛】国際原子力機関(IAEA)は原発事故の影響を判断する国際原子力事象評価尺度(INES)の見直しに向け、加盟国と協議に入った。規模や被害が異なる福島第1原発と旧ソ連のチェルノブイリ原発事故が同じ史上最悪の「レベル7」となったことにIAEA内で異論が出ているため。今後加盟国が見直しで合意すれば、尺度を細分化する方向で初の抜本改定に踏み切る。

天野之弥事務局長が20日に開幕した原子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン