/

アップル時価総額、史上最高の49兆円

新iPhoneに期待

20日の米株式市場でアップルの時価総額が6235億ドル(約49兆4800億円)を超え、米マイクロソフト(MS)が1999年に記録した6205億ドルを超えて、史上最高を更新した。主力のスマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを9月に発表するとの見方が強まり、好業績が続くことへの期待感から買いが膨らんでいる。

アップル株は20日、上場来高値の650.01ドルで取引が始まった。午前中には662ドル台を超え、MSが99年12月30日の取引時間中につけた時価総額の最高記録を抜いた。その後もアップル株は伸び続け、上場来高値となる665.15ドルで20日の通常取引を終え、終値ベースでも過去最高を記録した。

同社は主力のスマホ「iPhone」が売上高の5割近くを占める。ただ、10年6月に「iPhone4」を売り出した後は派生機種「4S」(11年10月発売)を除いて全面刷新しておらず、外観的に"同じ製品"を2年以上も世界各地で売り続けてきた。今回は久しぶりに「iPhone」を全面刷新するとみられ、さらなる業績拡大に期待が高まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン