/

北朝鮮の金ジョンウン氏、党要職に?

脱北者団体が伝える

韓国の脱北者団体「NK知識人連帯」は21日、北朝鮮内部消息筋の話とし、9月上旬に開く「労働党代表者会」の開催は6~8日の3日間で、その際に金正日総書記三男のジョンウン氏(27)が「組織指導担当の党書記に就任する」と伝えた。組織指導担当書記は総書記に次ぐ党の核心ポストで金総書記も務めた。実際にジョンウン氏が指導部入りすれば、正式に後継者と位置付けられたことを意味するともいえる。

NK連帯はインターネットなどで情報を流した。閉幕直後に「大々的な幹部の世代交代を準備している」ともいう。現在は金総書記1人だけとなっている党政治局常務委員には、妹婿の張成沢(チャン・ソンテク)党行政部長、金永春(キム・ヨンチュン)人民武力相、呉克烈(オ・グクリョル)党作戦部長の国防副委員長3人を選出する見通し。趙明禄(チョ・ミョンロク)第1副委員長については、健康上の理由があり常務委員に選ぶかどうか考慮している状況だとも指摘した。(ソウル=山口真典)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン