/

この記事は会員限定です

韓国政府は為替介入姿勢崩さず 米、批判強める

[有料会員限定]

ウォン高を警戒する韓国政府は断続的に自国通貨売り・ドル買い介入を繰り返している。為替介入には米国などの批判が根強いが、一段の通貨高を阻止する姿勢を崩さない。一方、輸入物価押し下げなどウォン高の恩恵を見直す声も出ている。

米財務省は4月、為替政策報告書で、「韓国政府は経常黒字が増えている中、ウォン高阻止のため為替介入を続けてきた」と指摘。「韓国は市場介入を例外的な状況のみに制限すべきだ」と従来より批...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン