米ヤフーとフェイスブックが和解交渉 特許訴訟で

2012/6/21付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=奥平和行】インターネット広告などに関する特許権を侵害されたとして相互を訴えていた米ヤフーと交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが和解交渉に入ったことが20日、明らかになった。ヤフーの弁護士が同日までに米連邦地裁に書面を提出して裁判の手続きを遅らせるよう要請。この中で和解交渉について説明した。

ヤフーは今年3月、新規株式公開(IPO)を控えるフェイスブックを特許侵害で提訴。フェイスブックも4月に入り、反訴した。ただ訴訟を主導したとされるヤフーのスコット・トンプソン最高経営責任者(CEO)が学歴詐称問題により5月に辞任しており、和解に向かうとの見方も浮上していた。

ヤフーの弁護士は19日、サンフランシスコ市のカリフォルニア北部地区連邦地裁に書面を提出し、裁判の手続きを2週間程度遅らせるよう要請した。書面で「両社は和解交渉を進めており、手続き延期により交渉が加速する」と説明。特許の相互利用契約の締結などによる決着が有力とみられている。

ヤフーはポータル(玄関)サイトで一時代を築いたが近年は業績が低迷。一方、フェイスブックは利用者が9億人を突破し影響力も増しており、両社の訴訟はネット業界の「新旧対決」として注目を集めた。フェイスブックは社歴が浅く保有する特許が少なかったため、ヤフーによる提訴を受けて米IBMや米マイクロソフトから相次いで特許を購入していた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]