2019年6月18日(火)

戦闘機、新興国の大型発注相次ぐ 米英仏など受注競争

2013/12/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=竹内康雄】新興国による戦闘機の大型発注が相次いでいる。アラブ首長国連邦(UAE)など湾岸諸国が次期戦闘機の選定を進めているほか、ブラジルはスウェーデン・サーブ社の戦闘機「グリペン」を購入する方針を決めた。兵器の近代化を急ぐ新興国の需要が高まるとみて、世界の防衛大手は国家首脳を巻き込んだ受注競争を繰り広げている。

「インドと湾岸諸国でまもなく成果を出せるだろう」。ルドリアン仏国防相は19日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報