/

夢の超音速機で東京―ロンドン2時間半 欧州大手が計画

エアバス親会社のEADS

胴体後部は燃料タンクが占める

欧州航空防衛大手でエアバスの親会社でもあるEADSは20日、東京―ロンドン間を現在の約5分の1となる2時間半で結ぶ超音速旅客機の開発計画を明らかにした。ジェットエンジンとロケットエンジンなどを組み合わせ、超高々度を飛行する。2050年ころの実用化を目指している。

同日、パリ郊外で始まったパリ国際航空ショーにあわせて発表した。「ZEHST」と名付けた機体は、ロケットに翼を付けたような構造。後部は燃料タンクで占められ、旅客は胴体の前部に搭乗する。

マッハ5の超音速機で東京―ロンドン2時間半、欧州大手の計画が明らかに

マッハ5の超音速機で東京―ロンドン2時間半、欧州大手の計画が明らかに

現在の旅客機と同じように空港からターボジェットエンジンを使って離陸し、その後はロケットに切り替えて急上昇。さらに一定の高さに達したらラムジェットと呼ぶ超音速用エンジンを点火し、いまの旅客機の約3倍の高度の上空約3万2千メートルをマッハ5(音速の5倍)で巡航する。

ターボジェットの燃料には植物から合成したバイオ燃料を使う。ほかのエンジンは水素と酸素が燃料のため、排出するのは水だけ。温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の発生はゼロで、環境負荷も少ないという。(パリ=古谷茂久)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン