/

この記事は会員限定です

iPad商標権、アップルと中国企業が和解交渉

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】米アップルの多機能携帯端末(タブレット)「iPad(アイパッド)」の中国での商標権についてアップルと中国企業が争っている問題で、中国企業側は20日、アップルと和解交渉に入ったと明らかにした。アップルにとって中国は主な製造拠点であり、販売先としても急成長している。中国との関係を重視して収益向上を目指す。

iPadの商標権の保有を主張しているのは広東省のIT(情報技術)機器メーカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン