/

ネットのドメイン名、原則自由化 「.bank」や企業名

「ほぼあらゆる単語・言語」管理機関が認める

【シンガポール=共同】インターネットの住所「ドメイン名」を管理する国際調整機関ICANN(アイキャン)は20日、ドメイン名の末尾に付く「.com」などの「一般トップレベルドメイン」について、使用できる単語や言語を原則自由化する方針を決めた。AP通信によると「.bank」「.hotel」などや、企業名や商品名、英語以外の単語も使用可能になる。

現在、一般トップレベルドメインは「.org」「.net」など22種類に限られている。ICANNはシンガポールで開いた理事会で、一般トップレベルドメインに「ほぼあらゆる単語、言語」を使えるようにすることを賛成多数で決めた。

ICANNは新しいトップレベルドメインの申請を、来年1月から4月にかけて受け付ける。APによると申請には18万5千ドル(約1480万円)が必要という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません