2019年7月19日(金)

北朝鮮外務次官、中国・大連入り

2013/6/20付
保存
共有
印刷
その他

【大連=森安健】中国を訪問している北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官は20日、遼寧省大連市を訪問した。大連市副市長らとの昼食後、大連港を視察。大連港集団の幹部らとも会った。大連港は北朝鮮の対外貿易の玄関口であり、国連制裁による監視強化について協議したとみられる。

大連は2010年に訪中した金正日前総書記も訪れ、農場や工場を視察したことがある。このため、今回の次官の訪問は「将来の金正恩第1書記の訪中の下準備ではないか」(日本外交筋)との見方がある。金次官は20日夕、再び北京に戻った。中国当局者と会談した後、帰国する見通し。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。