2019年1月24日(木)

リビア、石油相や元首相が政権離脱 カダフィ氏に打撃

2011/8/20付
保存
共有
印刷
その他

ロイター通信によると、チュニジア政府当局者は20日、チュニジアに滞在中のリビアのオムラン・ブクラ石油相が「帰国しない」と述べていることを明らかにした。カダフィ政権から離脱した可能性もある。中東の衛星テレビ、アルアラビーヤなどは20日、リビアのジャルド元首相が首都トリポリ南西約160キロの反体制派の制圧下にあるゼンタンに脱出、政権離脱を表明したと伝えた。

ジャルド氏はカダフィ大佐のかつての側近で1970年代に首相を務めた。ことし6月1日にガネム石油相(当時)がイタリアでカダフィ政権離脱を表明。ブクラ氏は後任として6月下旬に任命されたばかり。ブクラ氏が離脱すれば、トリポリを反体制派に包囲されつつある政権にとってさらなる打撃となる。(カイロ=共同)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報