米IBM、EV向け電池開発で旭化成などと提携

2012/4/20付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=小川義也】米IBMは20日、電気自動車(EV)向けの次世代電池として期待されるリチウム空気電池開発で、旭化成、セントラル硝子の2社と提携すると発表した。2020年代前半にも、1回の充電で800キロ以上走れる電池の実用化を目指す。リチウムイオン電池向け部材で高い技術力を持つ日本メーカーと組むことで研究開発を加速する。

リチウム空気電池は、リチウムと空気中の酸素の化学反応で電気を起こす。市販のEVに搭載されているリチウムイオン電池に使用されている重い金属酸化物がなくなるため、バッテリーの大幅な軽量化が可能なうえ、エネルギー密度も約10倍に高まるとされる。

旭化成はリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材)で世界首位のシェアを持つ。セントラル硝子はリチウムイオン電池に使う電解液の性能を左右する添加剤に強みを持つ。2社はそれぞれの技術を持ち寄り、リチウム空気電池向けのセパレーターと電解液や添加剤を共同で開発する。

IBMはIT(情報技術)を活用した社会インフラ整備を支援する「スマーター・プラネット」事業の一環として、09年にリチウム空気電池の開発プロジェクトを立ち上げた。

リチウムイオン電池を搭載したEVの大半は、1回の充電で走行可能な距離が160キロ程度にとどまっている。走行可能距離が一気に5倍に伸びるリチウム空気電池の実用化に成功すれば、EV普及に弾みがつくと期待されている。日本ではトヨタのほか、産業技術総合研究所などが開発に取り組んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]