/

この記事は会員限定です

中国、トウモロコシ産地で害虫大量発生

[有料会員限定]

【大連=進藤英樹】中国のトウモロコシの有力産地で害虫が大量に発生している。植物の葉を食い荒らすヨトウムシで、中国農業省の発表によると大量発生している地域の面積は670万ヘクタール近くにのぼる。収穫量に重大な被害が及ぶとみて、中国の商品先物相場ではトウモロコシの取引が急拡大している。

中国農業省によると、ヨトウムシの発生は遼寧、吉林、黒竜江の東北3省や、北京市、河北省などの華北地区とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン