/

この記事は会員限定です

韓国船沈没で調査報告、「北朝鮮関与」相次ぎ物証

[有料会員限定]

【ソウル=山口真典】韓国哨戒艦の沈没で軍民合同調査団が20日発表した調査報告は「北朝鮮製魚雷による爆発」と結論付けた。当初、魚雷の発射元特定は極めて困難と見られたが、最終局面でスクリュー破片など「物証」が相次いで見つかり、北朝鮮と断定する自信を深めた格好だ。国内世論もにらむ李明博(イ・ミョンバク)大統領は国連安全保障理事会への上程も視野に強硬姿勢をみせており、どこまで北朝鮮の反発をかわして国際社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません