2018年11月14日(水)

ボストン爆破テロ、容疑の男1人死亡1人は逃走
捜査当局と銃撃戦

2013/4/19付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=原真子】米東部マサチューセッツ州のボストン・マラソンで15日に起きた連続爆破テロ事件で、警察当局は19日、容疑者1人が死亡し、もう1人が逃走していると発表した。2人はロシアのチェチェン出身の兄弟。当局は逃走中の容疑者の行方を追うとともに全容解明を急いでいる。

15日の爆破テロ事件では3人が犠牲になり、170人以上が負傷した。米本土でテロの被害者が出たのは、2001年9月11日の同時テロ以来で、米連邦捜査局(FBI)などが大規模な捜索を続けていた。

地元報道によると、米国時間19日早朝、FBIを含む多数の警察や車両、ヘリコプターがボストン西方約13キロのウオータータウンに集まり、犯人と激しい銃撃戦が繰り広げられた。警察当局の幹部は2人が「爆破テロ事件と同一犯だろう」と述べた。容疑者2人の姓は「ツァルナエフ」と報じられている。

FBIが特設ウェブサイトで公開した、ボストン連続爆破テロの容疑者とみられる2人の男=FBI提供・共同

FBIが特設ウェブサイトで公開した、ボストン連続爆破テロの容疑者とみられる2人の男=FBI提供・共同

死亡したのは26歳の兄とみられ、身柄を拘束された後に搬送された病院で死亡した。エンジニアを目指してボストンのコミュニティーカレッジに通っていたという。逃走中の弟は19歳で、なかなか米国社会に溶け込めず悩んでいたとされる。

これに先立つ18日夕、FBIはボストン・マラソンの爆破テロ事件への関与が疑われる男性2人の写真や映像を公開。映像は爆発が起きたゴール付近で撮影されたもので、1人は黒い野球帽にサングラス、もう1人は白い野球帽に黒いズボンといった姿だった。FBIはこの画像を元に市民に情報提供を呼び掛けていた。

事態が急展開したのは18日深夜。同じくボストンに隣接するマサチューセッツ工科大学(MIT)に詰めていた警察官1人が射殺された。当局は爆破テロの容疑者による犯行とみて追跡を開始した。2人は車を奪ってウオータータウンに移動、銃撃戦になった。2人は爆発物も投げ付けた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報