/

この記事は会員限定です

中国サイバー攻撃、米原発など標的に 戦略対話で協議へ

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】中国人民解放軍の当局者5人の訴追についてホルダー米司法長官は19日、「事件は今も続くサイバー脅威の深刻さに警鐘を鳴らした」と述べ、中国が国家的な関与を続けているとの認識を示した。これに対し中国側は米中間のサイバー問題に関する作業部会の活動中止も決めた。

サイバー攻撃の問題は、7月に北京で閣僚級で開かれる「米中戦略・経済対話」でも主要な争点になる見通しだ。

中国軍が米企業から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン