2017年11月25日(土)

超薄型携帯「レーザー」、スマホで復活 米モトローラ

2011/10/19付
保存
共有
印刷
その他

米モトローラ・モビリティーが発表した新型スマートフォン「ドロイド・レーザー」

米モトローラ・モビリティーが発表した新型スマートフォン「ドロイド・レーザー」

 【ニューヨーク=小川義也】米通信機器大手モトローラ・モビリティーは18日、厚さ7.1ミリのスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「ドロイド・レーザー」を11月から全世界で順次発売すると発表した。2000年代中ごろに世界的に大ヒットした同社の超薄型携帯「レーザー」のスマホ版。一世を風靡したレーザーのブランド力を活用し、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に挑戦する。

 有機ELディスプレーの画面サイズは4.3インチで、米グーグルの携帯向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載する。アップルが14日に発売した「iPhone4S」より2.2ミリ薄い。強度を確保するため、防弾素材や衝撃に強い特殊ガラスを採用した。

 米国では携帯最大手ベライゾン・ワイヤレスが取り扱う。2年契約が条件で価格は299ドル99セント。高速携帯サービス「LTE」に対応する。アジアでの発売予定など詳細については、「後日発表する」(モトローラ・モビリティー広報)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報